失くした印鑑の効力を一度失くす

印鑑イメージ

印鑑を失くしてしてしまったらどうしますか?
物ですから失くすこともあるでしょう。しかし印鑑は個人、会社のものでも失くしてしまっては一大事。
失くすということは自分で失くすということもあれば、盗まれてしまうということだってあるのです。

認印を紛失した場合には認印は登録しているということはないので、それ程気にしない人もいるかと思います。
ですが、同じ印鑑ですから失くしてしまうのは問題です。盗難されてしまったりしたら大問題です。
会社の社印であっても、大きな問題となります。
しかし、さらに問題なのは実印や銀行印の場合です。

個人の実印や会社の代表印、銀行印などを紛失するということは、それらの印鑑が使われたことで、たとえば銀行口座やあなたの大切な財産などを危険に晒すことになり、さらにそれらを失ってしまうことにもなりかねないのです。
でも、銀行印や実印を紛失してしまったり盗難の可能性がある場合には、一体どうしたらいいんでしょう?

もしも印鑑をなくしてしまったり盗難に遭ったと思われる場合には、とにかく失くした印鑑の効力を一度失くすというということを行うことが重要です。
印鑑があれば本人であるとみなされてしまうということがほとんどだからです。
効力を失くすために、登録している役場、登記所に紛失・盗難があったという旨を伝え印鑑登録廃止手続きを行う、そして新しい印鑑で印鑑登録申請を行い、その手続きと同時に警察への紛失届・盗難届を提出します。
その際、失届出証明書・盗難届出証明書をきちんともらっておかなくてはいけません。
法人の場合もほぼ同様です。
まずは絶対に失くさないように、十分に気をつけて扱うことが大切です。

ページの先頭へ