先生のはんこ活用術

イメージ画像

学校の先生や幼稚園の先生にも人気があるのがゴム印です。
ゴム印というのは印鑑のような硬いものではなく、印面がゴムのものです。
柔らかい素材であるため、印鑑では見られないイラストや、ポンポンと何度も押し続けるようなお名前スタンプなど、見たことがあると思います。

特に小さなお子さんを受け持つ幼稚園や低学年の先生には、このようなゴム印は必需品といえるのではないでしょうか。
それは、かわいいイラスト満載のはんこです。
一昔前の先生の持っているゴム印というのは、文字ばかりのさえないはんこです。
三文判や社印のようなものですかね。
でも、最近の学校で使用するようなはんこというのはかわいいいいラストが付いたものがとても多いのです。

たとえば宿題や連絡帳の確認のはんこでも、「みました」や「よくできました」などの文字に
ウサギさんやねこちゃんのイラストが付いていたり、とにかくにぎやかな、華やかなものがグンと増えました。

このようなかわいいはんこというのは、実は子ども達を引きつけることに使えるものなんですよ。
なかなか集中できにくい低学年の子どもたちには、イラストなどを使ったプリントなどで集中して
みてくれるということがあるようなんです。
私たちにも経験があると思いますが、文字だけの文章より、イラストが入って問題などを説明することで
とても分かりやすくなるものです。
ただの確認のためだけでなく、こういった授業などでも活用することで
子どもたちの心をグッと掴むことができるんです。先生と子ども達の距離も縮まるんだそうですよ。

高級オランダ水牛印鑑
http://www.fautquecabouge.com/

このページの先頭へ